2010年07月25日

宇宙アサガオ

福知山市夜久野町で日本宇宙少年団夜久野分団が、宇宙飛行士の山崎直子さんとともにスペースシャトルで宇宙旅行をしたアサガオを栽培している。6 月に植えた4粒の種が順調に育ち、8月上旬にも第1世代の花が咲きそう。今秋採種し、地域の希望する小、中学校などに配布予定。2世代以降は、宇宙空間を飛び交う放射能の影響で突然変異する可能性があるという。

種は鹿児島県のJAXA(宇宙航空研究開発機構)種子島宇宙センターで栽培したアサガオから採種された。日本宇宙少年団副団長も務める山崎さんが、約200粒をスペースシャトルに持ち込んで4月5日から15日間搭乗し、地球を238周した。帰還後、少年団本部長で、「夜久野は銀河鉄道 999の心が生まれた古里」とする漫画家、松本零士さんに渡した。
 
種は、絶対に交雑をせずに隔離して栽培し増やすことができることなどを条件に、JAXAから「NAOKO☆宇宙アサガオ」として、希望する分団などに配布された。夜久野分団には6月中旬、宇宙飛行証明書とともに、一粒ずつロットナンバーを付け、袋詰めした種が届いた。「この種一粒一粒に宇宙を旅した記憶が紡がれています。大切に育て、世界、宇宙へと興味を広げていってください」という山崎さんのメッセージも一緒に届いた。
 
栽培は分団関係者があたり、一つひとつ植木鉢に植え、上夜久野と下夜久野の2カ所で栽培している。種は市販されているものより一回り小さく、どの鉢も植えてから約1週間後に発芽した。土や肥料は指定されたものを使っている。
 
毎日1、2度の水やりを欠かさず続け、定期的な施肥も忘れない。JAXAに報告するための観察日記もつけている。高さ約1メートルの支柱に沿って順調につるが伸び、現在はつぼみもたくさん付けるようになった。1株から20輪前後が開花し、多ければ1株から約100粒が採種できると予想している。
 
世話をしている同分団事務局の大隅万理子さんは「宇宙を旅した貴重な種をいただき、枯らすわけにはいかず、気を使います。発芽しやすいように丁寧に種の芽切りをして植え、今は青々とした葉やつぼみを付けています。紫色の花が咲く品種ですが、第2世代は花の色や葉の形が変わる可能性があるとも聞いています。来年は子どもたちに夢を託し、栽培の輪を広げていきたい」と話している。
(以上、両丹日日新聞記事より)


以前似たような話題で中国の「宇宙野菜」というネタを聞いたことがありますが、あちらはどうなったんでしょうか。




東北新幹線長野新幹線上越新幹線東海道新幹線山陽新幹線JR北海道JR東日本JR東海JR西日本JR四国JR九州鉄道グッズ鉄道むすめなど、鉄道グッズ通販サイト



posted by 小浜二郎 at 00:37| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

ミント系タブレット独占状態崩す

アサヒフードアンドヘルスケアの「ミンティア」とクラシエフーズの「フリスク」の2大ブランドによる寡占状況にあるミント系タブレット菓子(錠剤菓子)市場に新たな動きが出てきた。流通大手のイオンが、今月からプライベートブランド(PB、自主企画)商品向けに業界初の「詰め替え用袋」を投入し、低価格を武器に市場に攻勢をかけ始めた。詰め替え商品に対する消費者の反応によっては、2大ブランドも対応策を迫られるかもしれない。

イオンは今年4月、「トップバリュ ミントタブレット」のミントとストロングミントの2種を1ケース78円で発売した。詰め替え用袋は同商品向けで、ケースが使い捨てのタブレット菓子の“常識”を覆した。

イオンのPBタブレットは、メーカー品の低価格帯だった100円ラインを2割下回る価格設定が奏功し「すでに20万個を販売し、好調に推移している」(同社コーポレートコミュニケーション部)。詰め替え用袋の価格は4ケース分で198円。1ケース分の値段は実質、メーカー品の半額の50円以下となり、一段と低価格化に拍車をかけている。

タブレット菓子の2009年の市場規模は280億円程度で、ここ数年の不況下でも年率1〜5%の堅調な成長をみせている。現在は、100円前後の値段のミンティアが5割超、約200円のフリスクが3割程度のシェアを占めているが、消費者の低価格志向が強い中、今後は同分野でもPB商品が一定の存在感を占める可能性がある。

また、環境保全の観点からイオンの詰め替え用に消費者の支持が集まれば、メーカーも本格的に新たな商品対応の検討を求められそうだ。
(以上、フジサンケイビジネスアイより)


いまやガムに代わる必須アイテムになりつつあるミント系タブレットですが、価格が下がるのは生活者としてはうれしいことです。
いつまでも独占状態が続いていたことにも疑問がありますが、今後もイオンのような取り組みが増えていけば便利になりますね。



札幌市電青い森鉄道新京成電鉄富山ライトレールしなの鉄道名古屋鉄道阪堺電車広島電鉄土佐電鉄西日本電気鉄道ロープウェイ鉄道グッズ鉄道むすめなど、鉄道グッズ通販サイト
posted by 小浜二郎 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メールで告白は「有罪」

All About恋愛裁判で、「メールでの告白は、有罪それとも無罪?」というテーマで投票が行われました。結果は、有罪と答えた人58.5%、無罪と答えた人 41.5%。6割近くの人は、メールでの告白を好ましくないと考えています。

また、有罪と回答した10代から30代の幅広い年代の女性には、「メールで告白をする人は度胸がない」というコメントが目立ちました。

どれも男性が告白をすることを前提にした意見ですが、男女対等な価値観が拡がっていく時代に、女がひたすら受身で待っているだけならば、それも勇気のない行為のような気がします。直接告白されると誠意があるように感じてしまう女性が多いならば、口先だけのナンパな人も含め、押しの強い男性は、女性を口説くには有利と言えます。

そもそも、自分が好意を抱いている相手であれば、男性も女性も、告白方法は、メールでも嬉しいのではないでしょうか? 

確かに、軽そうな告白メールが来れば、バカにされたような気がして、腹が立つのは当然でしょう。しかし、問題は、メールという「手段」というよりも、「中身」です。文面よりも「形」にこだわるならば、同じく直接ではない、手書きのラブレターも否定されてしまうのでしょうか? 対面の告白に限らず、メールや手紙でも、文章から、思いやりのある人柄や、思慮深さを感じさせる人もいます。

つまり、どんな告白方法であっても、
1、好しい相手からの告白であるか?
2、真剣に付き合いたい気持ちを伝えられるか?
3、会う頻度や、相手の状況に配慮した方法を選べるかどうか?

が、歓迎される告白か否かの分かれ道のようです。

どんなに相手から好意を感じていても、フラれて傷つくのは怖いと考えるのは当然でしょう。直接会って伝えるのが得意な人、文章の方が感情表現が上手な人、様々です。自分のスタイルに会った方法で、誠実な想いを伝え、意中の相手とお付き合いできるといいですね!
(以上、オールアバウト記事より)


コメントも一部紹介しておきましょう。

「有罪」派

度胸がない。口でいえないような気持ちなら言わないで。振られることを恐がっておびえてるようにしか感じない。

これから1人の人として付き合っていこうと思っている相手に、目をみて、言葉で伝えられないなんて、先が思いやられる。物理的な理由でメールでというのなら、次に会ったときにでも言ってくれれば、まぁいいかな、とは思うけど、その場合でも、会って口頭で聞くまでは返事をしません。


「無罪」派閥

好きな人からだったら、たとえメールでも、告白されたらうれしいかな。好きじゃない人からだったら、メールで告白してきたことをちっちゃいなあと思ってしまいそう。でもメールの告白に対して、面と向かっての告白には力があると思います。以前、全然気になっていなかった人から面と向かって告白された時に、その人の気持ちがすごい伝わってきて、自分の心が動かされてしまいました。告白の手段として何を使うかどうか、それも個々の恋愛テクニックの一つなので、無罪でよいのでは、と思います。

どんな手段で告白しようが自由。勇気を持って告白をメールでして、それが罪ならそれは器量が小さい。有罪って言ってる人に限ってメールであっさり別れを言うのでは?




阪急電鉄阪神電鉄大阪市営地下鉄近畿日本鉄道南海電気鉄道京阪電鉄叡山電鉄大阪モノレール能勢電鉄山陽電鉄神戸電鉄その他鉄道グッズ鉄道むすめなど、鉄道グッズ通販サイト



posted by 小浜二郎 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。