2010年05月16日

シェアハウスに見る「勝ち組と負け組」

近年、「シェアハウス」が流行となり、居住形態の新しい形としてもてはやされています。

シェアハウスとは、キッチン、トイレ、浴室が共同で、各入居者は個室を与えられる家で、個室でプライバシーが守られる一方、リビングやキッチンでは住人同士で「ご近所づき合い」を楽しめる。20〜30代に人気で、空いた社宅を転用する物件も増えているようです。

入居時に、少々厳しい審査があるらしいのですが、ここで少し気になることがあります。

新しい居住形態としてのシェアハウス。適応できる人とできない人にハッキリ分かれてしまうのではないかという疑問があります。
「シェアハウスなんて住みたくないよ」という人は従来通りの一人暮らしをすれば良いのですが、問題は「住みたいけど審査が通らない」という人たちですね。

シェアハウスをめぐっても、近い将来には「勝ち組と負け組」といったものの言いかたをされ始めそうな気がします。



平成の下宿? 人気のシェアハウス


posted by 小浜二郎 at 23:25| Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます♪
シェアハウスは20代の友人が利用していました。
友達が沢山出来るし家賃が安いと言う利点が
あるので社交性がある人にはいいですね。
どんな審査があるのでしょう?
誰でも住めると言うのは、危険性もあるので
そういった面を審査して頂くのは大切な事
かも知れませんね。
Posted by ケムたん at 2010年05月20日 18:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

☆ベランダ野菜☆
Excerpt: ケム[E:dog]はキュウリやトマトなどの野菜が大好き[E:lovely] うち
Weblog: 会津犬☆ポメラニケムたんが行く☆
Tracked: 2010-05-20 17:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。