2010年05月17日

著作権違反でネットラジオ放送人逮捕

「ねとらじ」でJASRAC曲を無断配信、男を逮捕 という事件がありました。



実はこの問題、前々から気になっていました。
Youtube、ニコニコ動画(ニコ生含む)、らじろぐ、ねとらじ、スティッカム他、様々なサイトで著作権のある音楽を流してる人がいますよね。

その二次使用として、アップされたものをブログとかに貼ってる人も合わせたら、莫大な人口が「著作権法違反」を犯しているわけです。

今回は、「たまたま」逮捕されたという感じでしょう。
同じことやってる人に対する、或る意味での「見せしめ」かもしれません。

しかし、ちょっと神経質なんじゃないでしょうかね?

従来の、「レコードやテープ、CDを売って儲ける」というやり方が破綻しているのは、周知の事実です。
今は、ダウンロード販売がやはり強いですね。
音質にこだわるユーザーは、今もレコードだったりしますが。


どうにも、既得権益的な何かを感じてしまうのは、僕だけでしょうか?
一部のミュージシャンが「別にネットで流れてもかまわない」と発言しているという話を、知り合いから聞いたこともあります。

それぞれの価値観なんでしょうが、「違法だ!!」と言って取り締まりを強化しすぎるならば、管理社会ないし監視社会の到来も近いかも?
posted by 小浜二郎 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インターネットラジオで音楽無断配信、逮捕(読売新聞、2010年5月12日)
Excerpt: ○「インターネットラジオで音楽無断配信、逮捕」(読売新聞、2010年5月12日)
Weblog: ラジオ批評ブログ――僕のラジオに手を出すな!
Tracked: 2010-05-20 20:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。