2010年05月27日

カロム、「ひこにゃん」に次ぐ滋賀県初のブームなるか

「ひこにゃん」で有名な滋賀県に関して、新たな話題が入ってきました。
「カロム」というゲームが滋賀県を発信地として話題になっています。
カロムとは、「ビリヤード」と「おはじき」を融合させたようなゲームで、滋賀県彦根市の「日本カロム協会」は28日から3日間、千葉市の幕張メッセで開催される観光イベント「日本観光博覧祭旅フェア2010」で体験ブースを開設するようです。過去にも彦根市内で600人規模の大会を開催するなどの活動はしていましたが、今回が初めての県外PRになるとのことです。

このカロム、2人または4人で行うゲームで、4隅に穴が開いた正方形の盤の上で円筒形の玉を指で弾き、順番に落としていくというゲーム。起源は12〜13世紀エジプトの「カエラム」というゲームのようです。このカエラムは、その後各地に広まり、明治初期に宣教師が持ち込んだことから日本にも広まったとされています。
ただ、現在このゲームが普及しているのは、滋賀県の琵琶湖東岸地域だけと言われています。
日本カロム協会はこのチャンスを機会に、「全国に広がってほしい」と望んでいるようです。

まだまだ知名度の高くないカロムですが、地元にあたる京都新聞や中日新聞などで紹介された以外にも、2001年にはあの「めざましテレビ」で紹介されたようです。

初の県外告知で、どれだけの認知度を得られるか、どれだけの人が楽しいと感じるか。このあたりが決め手になってきそうですね。
posted by 小浜二郎 at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。