2010年06月05日

マクドナルド カドミウム含む商品を販売

マクドナルドのグラスからカドミウムが検出されたようです。

映画「シュレック」最新作の宣伝キャンペーンの一環として米国内で販売したグラスの塗料に、有害物質のカドミウムが含まれているとして、対象商品の販売を中止するとともに、4日までに1200万個を自主回収することを決めたとのことです。

同社はシュレックのキャラクターが描かれているグラスを、5月21日の映画公開以降、1個約2ドル(約184円)で販売。
既に700万個が売却済みで、約500万個は店舗などに残っているようです。

カドミウムということは、水銀でも使っていたのでしょうか。
水俣病の件があるので、「カドミウム」と聞くとかなり不安ですね。
消費者に被害が及ばないことを願うばかりです。
このニュースの影響で、仮に日本で「シュレック」を公開した際に日本マクドナルドが同じように限定グラスを作っても、売上は伸びないかもしれませんね。


posted by 小浜二郎 at 16:51| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知りませんでした。カドミニウムがマックの商品に。。。日本で売られても買いません。情報あrがとうございます。
Posted by まひろ at 2010年06月07日 15:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。