2010年06月19日

NHKアナ、不適切な発言

NHKは、サッカー・ワールドカップ日本戦中継を告知する際、配慮に欠いた発言があったとして18日、放送の中で謝罪した。

NHKによると、17日の韓国−アルゼンチン戦の放送中、NHKアナウンサーが19日の日本戦の中継について告知する際「BS1でたっぷり放送、コマーシャルありませんからね」と発言したという。これについてNHKと協力して中継を担当している日本民間放送連盟から指摘があり、18日のドイツ−セルビア戦の放送後、謝罪した。NHK広報部は「改めてNHKの公共性民間放送の商業性を互いに尊重し、協力して中継を盛り上げていきたい」と話した。
(以上、毎日jp記事より)


NHKにテレビCMが存在しないのは、視聴者から「受信料」を徴収しているからに他なりません。それは「差別化戦略」などではなく、ただの既得権益と言っても大きく間違ってはいないと思われます。
もちろん、視聴者としては「CMがないから全試合見ることができる」のは大きなメリットであるわけですが、当のNHK職員が自慢げに語ることでもないように感じます。
それと、気になったのですが、当該アナウンサーの名前がニュース記事に記載されていませんね。
民放であれば、アナウンサーの発言云々はまず間違いなく名前が入るのですが、ここにもなにかの仕掛けがあるのでしょうか。


posted by 小浜二郎 at 06:57| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
NHKのラジオ朝一番を聴くのが日課です。
・・・ですが、松本けいこというアナウンサーが数ヶ月まえから担当していますが、・・・・・
ココからが、私の苦情です。
なぜ、このような、だみ声のアナウンサーを朝の「さぁこれから」という時間に起用しなければならないのでしょうか。毎日、聴いていて、聴きづらいです。
Posted by 赤峰 和正 at 2010年10月22日 05:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。