2010年07月01日

富士通の職場いじめ

職場のいじめが原因で退職を余儀なくされたとして、元富士通社員の女性(45)が労災認定を求めた訴訟の判決で、大阪地裁の中村哲裁判長は23日、「同僚女性らに陰湿ないじめや嫌がらせを受け精神障害を発症した」として業務起因性を認め、京都下労働基準監督署の不認定処分を取り消した。
 判決によると、女性は課長補佐職として京都支社で勤務していた2000年6月から02年11月にかけ、自分より職務等級が低い複数の女性社員らに「ケーキにつられて仕事をする女」などのうわさを立てられたほか、悪口を言われたり、チャットで陰口や失敗談を流されたりした。
 女性は体調を崩して精神科で治療を受け、02年11月から休職。05年に休職期間満了で解雇された。
 中村裁判長は「集団で長期間、悪質ないじめを受けた心理的負荷は強く、上司に相談しても会社から何の支援策もなかったため失望感を深めた」と指摘した。
 富士通は「当社として判決内容を把握していないのでコメントできない」としている。(以上、時事通信社記事より)


職場でのいじめ問題は、陰湿な場合も多く、職場内だけでの解決が困難な場合も多いようです。
会社組織としても、問題を軽く見る傾向がある場合もあり、被害者が一人で悩むケースも少なくはありません。
一人で悩んだ挙句、精神的に参ってしまうというパターンが多いですね。
この、富士通のケースでは、休職期間が比較的長い間許容されていたようですが、休職期間が短い、あるいは休職期間すら用意してもらえない会社も存在するようです。

会社側に相談をしても無駄だと判断された場合、特に精神的な疾患を伴うのであれば、担当医とよく相談をして労働基準監督署などに相談を持ち掛けるのが賢明です。一人だけで悩んでいると最悪の場合、自殺まで発展しますので。


CR北斗の拳実機販売サイト
CR蒼天の拳実機販売サイト 
CR花の慶次実機販売サイト 
CRキン肉マン実機販売サイト 
CRあしたのジョー実機販売サイト 
CR仮面ライダー実機販売サイト 
CRサイボーグ009実機販売サイト 
CRルパン3世実機販売サイト 
CR超時空要塞マクロス実機販売サイト 
CR宇宙戦艦ヤマト実機販売サイト 
CRデビルマン実機販売サイト 
CRおぼっちゃまくん実機販売サイト 
CR天才バカボン実機販売サイト 
CRウルトラマン実機販売サイト 
CR GTO実機販売サイト 
CR銀河英雄伝説実機販売サイト 
CRシティーハンター実機販売サイト 
CRカイジ実機販売サイト 
CRアカギ実機販売サイト 
CRベルサイユのばら実機販売サイト


posted by 小浜二郎 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/155081670

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。