2010年07月02日

世間体論

今回は、「世間体」をテーマに置きます。

皆さんは、普段生活していて、この「世間体」という代物に苦労されたことは、ないでしょうか?
私は、少なからずあります。

「○○家の子供なんだから、もっと有名な企業に行って然るべきだ」
「いっそ、独立して会計士や弁護士になってほしい」

聞き飽きた言葉です。
一時、私自身も「そうなれないことへのコンプレックス」を抱いていましたが、今はもう昔のお話です。

「世間体」
重要なようで、実は重要じゃない単語です。

皆さんは、「世間のために生きている」わけじゃなく、「今一度しかない人生のために生きている」というのが正解だと思います。
「じゃあ、今一生懸命社会貢献してる俺は何なんだ!?」という方、「社会貢献」という形で、「今の人生を充実させている」と言えば、十分でしょう。

人間、基本は個々の魂です。
「おらが村のために」や、「私たちの企業理念を」というのは、聞こえは良いですが、二次的なお話。

根源的に、「じゃああなたは何がしたいの?」と問えば、簡単ですね。

「活躍して目立ちたい」、いいですね。
「人の役に立ちたい」、尊敬します。
「感謝されることをしたい」、独りよがりにならないようにです。
「真面目にコツコツと生きていきたい」、至ってノーマルです。


ここ辺りも、「性格属性」として分析すれば色々と面白い記事が書けるのでしょうが、今回は端折ります。

「本当にしたいこと」を基軸にした場合、「世間体」という枠組みは、意外と障壁になったりするんですよね。

ここで人間が大きく分けて2パターンに分類されてしまいます。

一つ目。
「従来の枠組みの中で活躍の場を求める存在」
ここは、誤解なきよう。
素直に尊敬してます。
僕の友人も過半数はそうなので、やっぱり頑張ってほしいところです。

二つ目。
「従来の枠組みから外れた存在」
ミュージシャンや作家が顕著ですが、以外に多いですね。
世間的には、バカにされもすれば軽蔑の眼差しを向けられる場面もあります。
そこに対して、いかにかわすかが大事になりますね。



「世間体」とは、時代の鏡。
無責任に変わる瞬間も、あります(戦中〜戦後の動乱が一番顕著でしょうか)。

くれぐれも、踊らされないように、皆さんはご自分の人生を歩んで下さい。





パチンコ実機販売サイト
CR美空ひばり実機販売サイト
CR石原裕次郎実機販売サイト
CR加山雄三実機販売サイト
CR石川さゆり実機販売サイト
CR八代亜紀実機販売サイト
CR細川たかし実機販売サイト
CR桃太郎侍実機販売サイト
CR松方弘樹実機販売サイト
CR遠山の金さん実機販売サイト
CR必殺仕事人実機販売サイト
CR五木ひろし実機販売サイト
CR冬のソナタ実機販売サイト
CRチャングムの誓い実機販売サイト
CR倖田來未実機販売サイト
CR相川七瀬実機販売サイト
CR熊田曜子実機販売サイト
CR及川奈央実機販売サイト
CR信長の野望実機販売サイト
CREX麻雀実機販売サイト
CR華牌実機販売サイト


posted by 小浜二郎 at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。